ノンアル生活

これから禁酒(禁煙)したいと思う人に向けての徒然。(お酒やタバコの愛好家向けではありません。)

γGTP

血液検査をしたので、過去のγGTPのデータと比べてみた。

その前に、γGTPって何となく酒の飲みすぎバロメーターみたいな感じで思っていたけど、実際のところ何の数値なんだろうと調べてみた。

 


γ-GTP−検査数値あれこれ−「ニュートンドクター」全国医療機関・病医院・歯科医院情報

 

◆肝臓におけるアルコールの分解
胃や小腸から吸収されたアルコールは、門脈を通って肝臓に運ばれ、分解される。アルコールは肝臓内の酵素などによってアセトアルデヒド、酢酸、そして最終的に二酸化炭素と水に分解される。飲酒によって肝臓の細胞がこわれると、γ-GTPやGOT、GPTなどの逸脱酵素が血液に漏れ出てくる。

 

ということで、酒を飲むと肝臓の細胞が壊れ、γGTP酵素が血液に漏れ出してくると。その量を測ってるのねと。

 

4年前とかはγGTPは70くらい。多分、前の日とか飲んでたのに検査したんだろう。

去年は50くらい。ようやくギリギリセーフの値。

ちなみに今年、γGTP、なんと25、見たことない数字でびっくり。

でも、γGTPが何なのか理解すれば、この数字は当然と言えば当然。

ゼロになるのかな。これから分かることだろう。

γGTPの数値が高くてさぁ、どうしたら良いかねぇ」って言ってる人がいたら、酒飲まなければ下がる、これだけのことですと教えてあげましょう。「でもさ、飲まなければやってられないよ。人生、つまんなくない?」と言ってくるでしょうね。私は飲まなくても大丈夫だし、人生そっちの方が健康的に過ごせるから良いんですけどね。

この本、読むことを薦めましょう。

 

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

 

 

 

広告を非表示にする