ノンアル生活

これから禁酒(禁煙)したいと思う人に向けての徒然。(お酒やタバコの愛好家向けではありません。)

先生の飲酒

この前、久しぶりにテレビを見ていたら、テレビによく出演している医者の日常の食事みたいのがやっていたのだが、相変わらずのカロリー信仰みたいのを実践していて、1日2000カロリーに抑えてあるからOKみたいの。カロリーを守ることよりも必須栄養素をちゃんと取らないとダメなんよ。これは私が人体実験的にやってきて経験済みだし、そのようにちゃんんと本にも書いてあるしね。そして、この医者の方、朝と昼は軽くして夜にワインをボトル半分飲んで、ワインにあうからという理由で肉をメインに食べてるとか。

夜に酒を飲んじゃうと、肝臓がアルコールの解毒に使われしまって、脂肪分解とか疲労回復に使われなくなるのだけどねぇ。。。前のブログにも書いたけど。

そして肉を夜に沢山食べると、またこれも消化に時間がかかるから、寝るまでに消化されずに、寝てる間は肉の消化に内臓が使われて疲労回復にならないんじゃないかな。

まあこの方は多分、適度なアルコールは身体に良いんだ、Jカーブってのがあるだろとか言いそうだけど、それも言い訳みたいな統計だっていうのは前のブログでも書いたけどね。まあ、皆、自分が酒を飲む言い訳を何だかんだ言いたいんだろうけど。(仮にJカーブが正しかったしても、1日にワインボトル半分は適量じゃないですね。1日の適量は純アルコール20グラムとか言ってるから、ワインだったら192mlらしいだとか)

仏教のお坊さんも本当は酒を飲んじゃいけないらしいんだけど、日本のお坊さんは適当な言い訳言って飲んじゃってるって何かで読んだけど。先生と呼ばれる人はそういう傾向があるのかもね。まあその人たちがどれだけ飲もうがその人たちの自由、でも、俺はもう飲まないよ。

広告を非表示にする