読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノンアル生活

これから禁酒(禁煙)したいと思う人に向けての徒然。(お酒やタバコの愛好家向けではありません。)

アルコールと仕事の生産性と1日の生活時間(国際比較)-国名

A:アイルランド

B:アメリカ

C:フランス

D:ドイツ

E:スイス

F:オーストラリア

G:スペイン

H:フィンランド

I:イングランド

J:カナダ

K:日本

L:韓国

 

カナダが意外ですね。飲んだくれは多くないが、労働時間が多く生産性が低い。

GDP自体が低いからかもしれないです。韓国の生産性の低さもGDP自体が低いもしくは為替の影響からかでここまで低く出てるかもしれません。

あくまで数字の遊びみたいなものなのでご参考程度に。

 

上記の国のなかで、さらに1日の生活時間を調べたデータがあります。

 

f:id:noalcohol:20151126101718p:plain

f:id:noalcohol:20151126101728p:plain

1次活動は睡眠や身支度など。2次活動が仕事など。3次活動が余暇など。

どの国かと言うと、Kの国です。

アルコールとは話が変わってしまいますが、これを見ると、Kの国では共働きだろうと専業主婦がいようと、男は家事も育児もほとんどしない(変わらない)ということが分かります。共働きで育児に1日12分って保育園に朝送っていくだけか?(Transportしてるだけか?)、または週末に入れてる風呂の時間を7で割ったものか?とか思いたくなる数字です。何かのサイトで見ましたが、共働き世帯で「家事やってる人?」って男性に尋ねたら何割かが手を挙げたと、そして手を挙げたまま「ゴミ出し以外の家事やってる人は手を挙げたままにして」って言ったら手はほぼ下がったとか。通勤がてらゴミ出しして保育園に連れて行くのがイッパイイッパイみたいらしいと、Kの国は。

 

今までのデータだけを読んでみるとKの国は

・大酒飲みが多くて

・仕事の生産性が低く

・労働時間がチンタラと長く(生産性が低いが故であろう)

・そのくせ酒飲んだり食事してる時間は他の国より多く

・テレビもちゃっかり他の国と同じレベルで1日2時間くらい見てる

・なのに共働きであろうと専業主婦がいようと家事も育児もやらない

 

全く事前の情報や先入観なくこの数字を見た人は、「なんだ、このKって国は。アル中で仕事は怠惰で家族なんて無視してる、とんでもない奴が多い国だなぁ」と思ったりされますよ。

 

そしてこれをさらに意訳すると。。。

・ダラダラ仕事して仕事が終わらず残業して(19時半くらいまで)

・帰りに一杯ひっかけて(21時半くらいまで)

・帰ってきたら子供は寝てて(育児はしてない)

・ビール飲みながら同じようなニュースやスポーツ番組のテレビをダラダラ2時間みて

(22時から24時位まで、報道ステーション見てNews23みてスポルト見てみたいな)

・家事は一切やらない(ビール飲みながらテレビ見てる裏で奥さん洗い物みたいな。まあ専業主婦家庭ならそれでも良いかもしれませんが。。。)

 

さらには

・飲み過ぎて翌日二日酔いで午前中使い物にならず

・さらにチンタラ仕事が続く

なんて悪循環もあったりします

 

エラそうに言ってますが、私も御多分に漏れずKの国の国民で、酒を飲んでた時はまさにこんな感じの生活してました。反省してます。

今は、当然、二日酔いなんてないですし、ダラダラ飲みながらテレビ見たりとかしなくなりました。仕事の生産性はもっともっと上げたい今日この頃です。

仕事の生産性を上げるのと同時に酒もやめてみるのはどうでしょう。簡単です、今日から出来ます。だって飲まなければ良いだけですから。お金も時間もかかりません!

仕事の時間を減らすのが難しいのであれば、せめて酒をやめて、酒飲んでる時間を家族のために使いましょう。